スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Wikipediaより】

20140301-1701_133720885.jpg

【釣り】(つり)あるいは魚釣り(さかなつり)とは、釣り針、釣り糸、釣り竿などの道具を使って、魚介類などの生物を採捕する行為、方法のことである。

20140301-1819_133763125.jpg

【マグロ】(鮪、魚偏に歮「歮」、「歮」は「止」が3つ])は、条鰭綱- スズキ目- サバ科- マグロ属(学名:Thunnus)に分類される硬骨魚類の総称。 暖海棲で外洋棲、回遊性の大型肉食魚で、日本を始めとする世界各地で重要な食用魚として漁獲されている。

20140301-1818_133762523.jpg

【ホホジロザメ】(頬白鮫、Carcharodon carcharias)は、ネズミザメ目ネズミザメ科ホホジロザメ属に分類されるサメ。本種のみでホオジロザメ属を形成する。別名ホオジロザメ。
亜熱帯から亜寒帯まで、世界中の海に広く分布している。北はアラスカやカナダ沿岸にも出現した記録がある。アメリカ合衆国や南アフリカ共和国、オーストラリア、ニュージーランドの周辺海域、地中海等で多く見られる。日本近海にも分布する。2009年、メキシコ-ハワイ間の深海にホホジロザメが集う海域(ホホジロザメ・カフェ)があるという研究結果が公表された。

20140301-2152_133906324.jpg

【ジンベエザメ 】Rhincodon typus (甚平鮫、英: Whale shark)は、テンジクザメ目ジンベエザメ科に属する唯一のサメ。ジンベイザメとも。サメとして軟骨魚類として現生最大であり、そして、現生最大の魚として知られている。
世界中の熱帯・亜熱帯・温帯の表層海域に広く分布する。動きは緩慢であり、基本的には人にとって危険性の低いサメである。

20140301-1321_133620140.jpg

【天使】(てんし)は、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖典や伝承に登場する神の使いである。以下、しばしばアブラハムの宗教と呼ばれ、比較宗教論の宗教分類で並置されるこの3宗教の天使について叙述する。
キリスト教による日本語訳聖書では「御使い」と訳される。日本ハリストス正教会では神使(しんし)とも訳す(日本正教会では「天使」という語も併用される)。

20140302-0847_134227434.jpg

【ミイラ】(木乃伊)とは、人為的加工ないし自然条件によって乾燥され、長期間原型を留めている死体のことである。永久死体であって「枯骸」とも呼ばれる。

同様に長期間保全される状態となった死体としては他に、「死蝋(しろう)」がある。これは、ミイラが主に乾燥によって成立するものであるのに対して、湿潤環境によって成立する永久死体である。


Wikipediaより。おしまい^^^^^^


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。